Artemisia in mostra a DESIGN+SENSIBILE

Il gruppo アルテミシア sarà presente durante ilSalone del Mobile di Milano 2018, から 17 へ 22 aprile presso la Cascina Chiesa Rossa di Milano (zona Municipio 5), nell’ambito della manifestazione DESIGN+SENSIBILE con una installazione dal nome Senses Working Overtime.

我々は楽しみにしています!

 

DESIGN+SENSIBILE è un’idea di Massimo Caiazzo, presidente di
IACC ItaliaASSOCIAZIONE ITALIANA DEI PROGETTISTI/CONSULENTI DEL COLORE.
http://www.iacc-italia.org

Chiesa Rossa di Milano

Programma

Design + Sensibile: per saperne di più

START: 人道取り組み国連アーティスト

start-grafica

Oggetto:
Grande evento di beneficenza organizzato da, Associazione Culturale Start, Società Umanitaria, a favore di Emergency.

Dalle 9,30 すべて 19,00 – 14 6月 2014,
Chiostro dei Glicini della Società Umanitaria di Milano, Via San Barnaba 48 – Milano

L’associazione culturale Start che ha lo scopo di favorire l’integrazione delle arti attraverso la promozione di eventi rivolti alla raccolta fondi a scopo di beneficenza, insieme alla Società Umanitaria di Milano e ad Emergency, organizzano la grande asta dell’arte a favore dei bambini in zone di guerra. Una giornata dedicata all’arte con 24 artisti che doneranno ognuno un’opera che sarà battuta a un asta nella giornata del 14 6月 2014 e il cui ricavato sarà devoluto a favore delle Azioni Umanitarie di Emergency. Durante tutta la giornata del 14 6月 2014 から 9,30 esposizione d’Arte Umanitaria con interventi e performance dal vivo degli artisti presenti. Alle 17,00 le opere scelte saranno battute all’asta e il ricavato sarà devoluto ad Emergency.

Start Associazione Culturale

Il senso di una nuova associazione cuturale di artisti significa, in questo momento storico, la condivisione di idee e progetti al fine di promuovere cultura in Italia e all’estero. Start, questo il nome della nascente associazione, si propone di far convergere al proprio interno non solo artisti del settore delle arti figurative ma anche, ed è qui che riteniamo di essere innovativi, figure che abbraccino tutte le arti. Dalla pittura, dunque, alla scultura e ancora dal teatro alla musica, classica e contemporanea, dalla letteratura fino alle espressioni coreografiche della danza. Tutto questo per cercare di far coesistere in maniera intrecciata le diverse strutture culturali che il nostro Paese, nella sua migliore tradizione artistica, può vantare di avere. E allora le arti rappresentate in Start, non camminano da sole e slegate una dall’altra ma coesistono e si mescolano finalizzate a un unico obiettivo, quello di produrre arte, come nutrimento dell’anima. È anche il senso finale di ciò che vorrà essere la grande kermesse di Expo 2015, il nutrimento del pianeta, che si trasforma – e che cosa è l’arte se non una trasformazione condivisa del pensiero – in energia per la vita, che noi intendiamo rivolto alla rigenerazione sostanziale di ciò che intendiamo essere lo spirito umano.

Società Umanitaria

La Società Umanitaria è una delle istituzioni storiche di Milano. Ente morale, è nata nel 1893 grazie al lascito testamentario di Prospero Moisè Loria, mecenate mantovano, che con l’aggettivo “umanitaria” non intendeva una semplice assistenza sotto forma di beneficenza, ma un’assistenza operativa, che fosse in grado di “mettere i diseredati, senza distinzione, in condizione di rilevarsi da sé medesimi, procurando loro appoggio, lavoro e istruzione”.

Emergency

Emergency è un’associazione italiana indipendente e neutrale, nata nel 1994 per offrire cure medico-chirurgiche gratuite e di elevata qualità alle vittime delle guerre, delle mine antiuomo e della povertà.
Emergency promuove una cultura di pace, solidarietà e rispetto dei diritti umani.
L’impegno umanitario di Emergency è possibile grazie al contributo di migliaia di volontari e di sostenitori.
In questi 20anni, dalla sua nascita a oggi, Emergency ha curato oltre 6 milioni di persone in 16 Paesi.

アーティスト:
Marco Baj – フランチェスカ·ブルーニ – Rita Carelli – Caro – Mario Ciufo – Vittorio Emanuele – Alejandro Ferrante- レナータフェラーリ – Carlo Ferreri – Erika Filiposka – Barbara Galbiati – Mastro – Maria Montanari – Marco Morarelli – Lorenzo Pietrogrande – Poli – Mihaela Popescu – Rank – Pino Roscigno – Lucrezia Ruggieri – Cristina Solano – Nino Tassone – エンドウTrolli – Emanuelaボルペ.

umanitaria

Enérgheia, エネルギーall'Opera

アルテミシアはあります: Enérgheia, エネルギーall'Opera.
エネルギーを解釈絵画や彫刻のグループ展, 博覧会の中心テーマ 2015, 5つの異なるフェミニンなスタイルの創造によっておよびdialoguing.

時: E開放カクテルそれ 2 4月 2014 に 18,30 クリスティーナムッチョーリによる導入に, critico d’arte.

どこ: ギャラリーArtepassante, ポルタベネチアMMの駅.
Finissage: ザ· 30 4月 2014 すべて 18,30
詳細および情報: レナータフェラーリ 349.7527048 – Emanuelaボルペ 338.6002540 – info@artemisia5.it

prove_invito_energheia_ok

 

artepassanteArtepassante_loghi_ritagliato

ポリリズム, 現代美術の総合展

金曜日 25 10月 ルシオフォルテポリリズムのキュレーションによる現代美術の展覧会のオープニング. ディスプレイに絵画や写真のです: アートグループのアルテミシア (フランチェスカ·ブルーニ, リタカレルリフェリ, レナータフェラーリ, エンドウTrolli, Emanuelaボルペ), ニコラスBertoglio, アレッサンドラビシ, ジャンカルロCaciagli. ルシオフォルテ, ジョセフ·ジャコビアン, ナイロEマルコSancini.
面白い作品が比較して展示されています.
展覧会のテーマは、音楽の言語から外挿し概念から派生し, poliritmia, しない同じ時間単位の倍数リズムの同時使用を表す, 個々にリズムにすでに存在するものとは別のリズミカルな図を構築するために取得する. 比喩的なオーバーレイでダイナミックな多次元リズミカルな読み取りシステムを作成することができます.
重要なテキスト
poliritmia, 偶数及び奇数のリズムか否同じ時間単位の倍数の同時使用である, 個々にリズムにすでに存在するものとは別のリズミカルな図を構築するために取得する. また、ポリリズムが必要です, そのようであるために, リズムの同時使用によるリズ​​ミカルな品種の富の生産は正確に, 例えば、メロディとは異なる, その特性を簡単な組成の生地で識別されるべきである.
重要なツールを準備するために私たちは比喩的な芸術と建築にこのアイデアを移調.
アーキテクチャの組成リズムは、多くの場合、非常にマークされている, 目に見える, 設計·施工システムの規範自体が建築の数学のリズミカルな構造の創造の起源であるが、時間はいつも言っている, 成果物の作成にメトリック.
比喩的な技術では, 代わりに、あまり必要とされている, しかし、選択にのみ相対, 数学的な厳密さ, して、強制的にそれを持っていない、より魅力的な抽象的な実験では使用し, 建築設計や構造計算のように、.
だから私たちも、ペースとして美的原型を表していることを参照してください。.
リズミカルな構成を見て、想像のアイデア.
それは視点で起こるように2次元のペースは深さの考えを示唆している. テクスチャは言語のリズムで, ディ·geometrie, このような書き込みなど分かりやすい記号を作った, または固体とボイドの読書, チェス盤のような.

ポリリズム, 同時リズムの重ね合わせ, 私たちは比喩であっても先に進むことができます, オーバーラップのリズムはもはやスコアのような平面上に描かれていない, 重複, 提案, 私たちは3次元に掘ることができます, ペースが緩和し、同時入力とそれが移動し続けるため、架空の本当の深さを定義する, 内側も外側も, 連続繰り返しフォーカス.
リズムが空間に分布している, この条件ポリリズム時間的な経験は、画像の中にだけではなく、ライブ私たちを作る, 認知プロセスをトリガ, リズミカルな運動, ハートビート, 私たちは、暗号化された画像の中に外観を発見し、知ることができます. つまり、想像力豊かな投影ダイナミクスです, 現実の突風は、内部に隠され, 仕事を何を表しているかの背後にある.
幻想の生活に来て、今まで意識的に何を教えて分子の動き, 明らかに我々は発明し記述することができるかもしれ, と言われている夢, それは、独自の生活を送っている, 幻想空間の多次元性は異なるリズムの使用に起因して生じると同時に、無意識とツイストのリズム. 表現リズム, 視覚的に定義する要素を介して動作に存在, 会員ポリリズム.

ルシオフォルテ 2013

スレイマンの旅 – アジアのアート象を保護します

が編集: ダイアナLOMEIHING
就任: 水曜日, 12 12月, 2012 – 18:00
展示会の期間: から 12 12月 2012 へ 15 1月 2013
に: 自然史博物館 – コルソヴェネツィア, 55 – 20121 ミラノ
営業時間: 火曜 - 日曜 9.00-17.30; (最後に記録された 17.00)
閉鎖: 月曜日, 1 1月, 1 5月, 25 12月

インフォポイント : +39 02 88463337 (LUN-VEN 9.00 – 16.30, 土曜と日曜festivi 9.30 – 17.00)

配電盤 : +39 02 88463280

ファックス: +39 02 88463281

抽象的な

暴露, 文化的なゼロによる, ミラノの自然史博物館と共同で, ブリクセンの自治体が主催する (ベリーズ), アジアゾウ財団のWWFイタリアエリDAをDAL, 象ソリマンによって行われた旅を触発, 16世紀のもの (ポルトガルの王の結婚祝いだった, all’Arciduca Massimiliano d’Austria), ヨーロッパの半分を横断, 不信を喚起, 国の集団間の畏敬の念と不思議な旅に沿って会った.
私たちの厚皮動物は、単純なインだったかの納屋で停止しているため, そしてこれは本日、ブリクセンの有名な歴史的なホテルとなっています, 12月の間に 1551 そして1月 1552, 合格した 460 時代!
スレイマンは、インドの土地から子犬を去った (で 1542 all’età di 2 時代) ウィーンの宮廷への行き方 6 3月 1552, そして死にかけ, 象のためのまだ若い, ザ· 18 12月 1553, 人々の無関心と彼の故郷のために郷愁間!
それらを保存する私たちのプロジェクトはアジアゾウの節約に貢献したいすべての人を対象として. 2次元形状の販売を通じて – フォーマトA2 – 赤ちゃんゾウの, 有名な芸術家によって装飾された, 新進アーティストから, 支持者から, 学校, など。, 財団のための資金を集める.
調査ショー, ミラノの自然史博物館で, 様々な著者によって装飾のシルエットの上, 参加する 14 主題のために特別に設計されたアートワークのアーティスト; そのうちのいくつかは、南チロルから来る, スレイマンは、その足跡を残しているところ.
今, 後に 460 時代, それらは、その作品が表示されます, 非常に異なるスタイルや個性を反映させながら、, 象を救うために、共通の目標に合流, 芸術の普遍言語を使用して.

 

アーティスト

アルテミシア (Pea Trolli/Francesca Bruni/Rita Feri Carelli/Renata Ferrari/Emanuela Volpe) – 最小出力Maspoli – ダイアナLoMeiHing – サラ·ターニ – シモネッタフェランテ – クリストフ·ホーファー – グレゴールPrugger – ハンス·ペータードゥメッツ – クリスチャン·フォーク – イングリッドメアZischg
が編集

協会ゼロダイアナメイ興

博物館のディレクター ドメニコPiraina

展示会のコーディネート まみあずま

 

の支援を受けて:

ミラノの街, ブリクセンの自治体, ブリクセンプロセスキー, WWF, アジアゾウfoundation.org,

と損害保険の支援を受けて, フィデアデジタル印刷, ホテルエレファントブレッサノーネ

Pea Trolli / Francesca Bruni / Rita Feri Carelli / Renata Ferrari / Emanuela Volpe

(Pea Trolli/Francesca Bruni/Rita Feri Carelli/Renata Ferrari/Emanuela Volpe)

 

 

アートのスイスでディスプレイ上のヨモギ 2012

我々は、洗練されたスイス·インターナショナルを作るために私たちの作品を紹介します, ARTE LUGANOとのコラボレーションイベントで、スイスの名作. 我々は楽しみにしています.

会場

エキシビジョンセンター
カンポマルツィオ経由
6900 ルガノスイス

EはD'開日付を祈る 2012

木曜日 22 11月 から 15.30 すべて 22.30
金曜日 23 11月 から 15.00 すべて 22.30
土曜日 24 11月 から 10.30 すべて 22.30
日曜日 25 11月 から 10.30 すべて 20.00

ElephanTotem

グループは、ヨモギの10手で動作, 5異なる言語を象ソリマンの長い旅を伝え, ウィーンの支配者のための豪壮な贈り物.

5プレキシガラスのプリズムは、動物の叙事詩の段階を表す.

時間的な順序は、一意のパーツの読み取りを防ぐ透明性と重複して付き合う様々な瞬間を遵守していることなく、.

レナータフェラーリ: ポルトガルでの方法, 西洋世界でのしきい値, 反射や伝統的な面を有する.

Emanuelaボルペ: 美しさジブラーンの言葉で, キャラバンは、香水の混乱の中で動いている, 音と色.

エンドウTrolli: 群衆の驚き, ヨーロッパとそのパスのすべての人を魅了し、驚き、この驚異のための参加の様々な国の.

フランチェスカ·ブルーニ: la lunga marcia su una cartina speculare, メモリからストレッチ, レースで灼熱の空と雲の下の長い道のりでマーク, 透明や海活気のある街.

リタカレルリフェリ: とドロミテの長い休憩の到着, 岩の魔法の大聖堂, 最後の脚の前に抱擁としてぴったり.

テクニカミスタあなたのプレキシガラス.
寸法CM 230 高さ×diametro CM 65

から: リタカレルリフェリ – フランチェスカ·ブルーニ – エンドウTrolli – Emanuelaボルペ – レナータフェラーリ

輝くために生まれ

グループは5マネキンで構成されてオリンピックへのオマージュです, これらのゲームの本来の意味に. 可能な勝利を見てだけでなく、多様性の豊かさを充て, 異なる文化の人々との比較, 自分自身をしのぐしようとして測定されること. フレーズはネルソン·マンデラのテキストから取られている, 平等や道徳的価値観について語っている, デル’ 神の栄光を輝かために生まれ、男性であることに誇り.
L'アフリカ, ブラックボディに、粗, アフリカの多くの人々の間の開始の絵を示しても、集団の祭典と一致している (Emanuelaボルペ).
ヨーロッパ, 緑のフィールド上の洗練されたグラフィックスメモリは、文化の痕跡と旧大陸の自然を引用 (エンドウTrolli).
L'オセアニア, 見事な銀の体のバージョンと、水っぽい色、変化する潮に覆われて (フランチェスカ·ブルーニ).
アメリカ, 2相手の世界で不可欠な, 過去と未来の間で中断 (リタカレルリフェリ). L'アジア, 活気に満ちた、成長している突然変異のためにフルボディの色の汚れではなく (レナータフェラーリ).

美しく貴重なダミーはビジョンダミーが寄贈されました.

ビジョンManichini

ビジョンマネキンがショーケースにマネキンの作成と生産に特化されている, 実際のモデルからのキャストに基づいて行わ, 本当のプロポーションと完璧なフィット感を確保すること. ビジョンダミーがはっきりと証明された、創造の彫刻家を使用しています, 業界固有の "ダミー", つまり、あなたのスタイルで、テンプレート「アドホック」を作成することができます, 大きさや位置に. これらの機能は、ビジョンマネキンはファッションの世界で最も有名なブランドのいくつかの公式サプライヤーに数えことを可能にした.

www.visionmanichini.it

24 5月 2012 – 生まれORSOLART

日 24 5月 2012 に 18,30 生まれORSOLART, 展示会·一日のイベントに公衆への最初の時間のために自分自身を提示している, に捧げ文化協会の最初の一歩をマークする, 新しい体験と出席に開く.

機会にいくつかの作品を紹介します.

入場無料.
アドレス:
ORSOLINEの回廊, Lanzone経由 53, ミラノ

情報:
orsolart@gmail.com

見せる: 同時に

から 27 12月 2008 へ 31 6月 2009, ギャラリーArtMangiaカステル·サン·ジョヴァンニに (パソコン) あなたMontanara 1(b)の, 現代美術の展覧会があるでしょう.