スレイマンの旅 – アジアのアート象を保護します

が編集: ダイアナLOMEIHING
就任: 水曜日, 12 12月, 2012 – 18:00
展示会の期間: から 12 12月 2012 へ 15 1月 2013
に: 自然史博物館 – コルソヴェネツィア, 55 – 20121 ミラノ
営業時間: 火曜 - 日曜 9.00-17.30; (最後に記録された 17.00)
閉鎖: 月曜日, 1 1月, 1 5月, 25 12月

インフォポイント : +39 02 88463337 (LUN-VEN 9.00 – 16.30, 土曜と日曜festivi 9.30 – 17.00)

配電盤 : +39 02 88463280

ファックス: +39 02 88463281

抽象的な

暴露, 文化的なゼロによる, ミラノの自然史博物館と共同で, ブリクセンの自治体が主催する (ベリーズ), アジアゾウ財団のWWFイタリアエリDAをDAL, 象ソリマンによって行われた旅を触発, 16世紀のもの (ポルトガルの王の結婚祝いだった, all’Arciduca Massimiliano d’Austria), ヨーロッパの半分を横断, 不信を喚起, 国の集団間の畏敬の念と不思議な旅に沿って会った.
私たちの厚皮動物は、単純なインだったかの納屋で停止しているため, そしてこれは本日、ブリクセンの有名な歴史的なホテルとなっています, 12月の間に 1551 そして1月 1552, 合格した 460 時代!
スレイマンは、インドの土地から子犬を去った (で 1542 all’età di 2 時代) ウィーンの宮廷への行き方 6 3月 1552, そして死にかけ, 象のためのまだ若い, ザ· 18 12月 1553, 人々の無関心と彼の故郷のために郷愁間!
それらを保存する私たちのプロジェクトはアジアゾウの節約に貢献したいすべての人を対象として. 2次元形状の販売を通じて – フォーマトA2 – 赤ちゃんゾウの, 有名な芸術家によって装飾された, 新進アーティストから, 支持者から, 学校, など。, 財団のための資金を集める.
調査ショー, ミラノの自然史博物館で, 様々な著者によって装飾のシルエットの上, 参加する 14 主題のために特別に設計されたアートワークのアーティスト; そのうちのいくつかは、南チロルから来る, スレイマンは、その足跡を残しているところ.
今, 後に 460 時代, それらは、その作品が表示されます, 非常に異なるスタイルや個性を反映させながら、, 象を救うために、共通の目標に合流, 芸術の普遍言語を使用して.

 

アーティスト

アルテミシア (Pea Trolli/Francesca Bruni/Rita Feri Carelli/Renata Ferrari/Emanuela Volpe) – 最小出力Maspoli – ダイアナLoMeiHing – サラ·ターニ – シモネッタフェランテ – クリストフ·ホーファー – グレゴールPrugger – ハンス·ペータードゥメッツ – クリスチャン·フォーク – イングリッドメアZischg
が編集

協会ゼロダイアナメイ興

博物館のディレクター ドメニコPiraina

展示会のコーディネート まみあずま

 

の支援を受けて:

ミラノの街, ブリクセンの自治体, ブリクセンプロセスキー, WWF, アジアゾウfoundation.org,

と損害保険の支援を受けて, フィデアデジタル印刷, ホテルエレファントブレッサノーネ

Pea Trolli / Francesca Bruni / Rita Feri Carelli / Renata Ferrari / Emanuela Volpe

(Pea Trolli/Francesca Bruni/Rita Feri Carelli/Renata Ferrari/Emanuela Volpe)